もろみ酢と聞くとお酢の仲間のようなイメージですよね。

少し前にテレビ番組でダイエットや疲労回復にいいと紹介され人気になりましたが、それ以前はあまり市場には出回っていなかったようです。

今では店頭などでよく見かけるようになりましたね。

ここでは、知って得するもろみ酢のこと、もろみ酢とお酢の違いについてご紹介いたします。

【もろみ酢とは?】
沖縄の特産品と言えば泡盛ですよね。

泡盛は日本酒とは違い、タイ米を使って黒麹菌と酵母で発酵させて作ります。

タイ米と黒麹菌は相性が良いため、アルコール発酵させるときの温度管理もしやすく、泡盛がたくさんできるそうですよ。

何と言ってもお酒の味を決めるのはお米ですが、あの沖縄独特の泡盛の味はタイ米を使っているからとも言えます。

タイ米を使うのは昭和になって定着したそうで、それ以前は中国や韓国などのお米を使って泡盛は作られていたそうです。

もろみ粕は泡盛を作る過程でできるのですが、そのもろみ粕のアルコールを飛ばして搾るともろみ酢になります。

沖縄では、琉球王朝の時代から泡盛だけでなく、もろみ酢も飲まれていたという記録があるようです。

かなり古い時代からもろみ酢は飲まれていたのですね。

【もろみ酢とお酢の違いは?】
一般的なお酢ともろみ酢の一番の違いは、主成分にあります。

米酢や穀物酢などの食酢、黒酢などお酢にも色々と種類がありますが、お酢として扱われているものは主成分が酢酸で出来ています。

酢酸は、お酢特有の口に入れた時につんと来る刺激臭と強い酸味を持っています。

一方もろみ酢の主成分はクエン酸になります。

クエン酸にはつんと来る刺激臭がなく、梅干しやレモンなどの柑橘類に多く含まれる酸味成分で、体内に入ると乳酸を分解したり、新陳代謝を促進したりという風に体に働きかけてくれます。

酢酸は、体内に入るとクエン酸に変化しますが、クエン酸を体に取り入れた方が素早く働きかけてくれるというわけですね。

もろみ酢には名前に酢が付いていますが、クエン酸の他にもアミノ酸やビタミン、ミネラルが多く含まれているので、食酢ではなく清涼飲料に分類されます。

【まとめ】
お酢は古くから健康に良いとされ、料理や民間療法などに使われてきました。

お酢でも十分に体の健康を支えてくれますが、もろみ酢はさらに健康に良いと注目され続けています。

お米と麹菌の作り出す発酵飲料だから、クエン酸だけでなく人間の身体に必要なアミノ酸も多く含まれています。

お酢よりはなじみの浅いもろみ酢ですが、私たちの健康にどんどん役立てていきたいですね。